読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議な第三惑星

ここは不思議な第三惑星

こんな私が言うべきでないけど

インターネッツ

まず最初に言っておきますが、たまたまコメント付きツイートで紹介されているのを見ただけでこの方に何の面識も恨みもありません。

 

地方、独身、バリキャリでない会社員からしたら、羨ましいんだけど。

 

ecochiko2.hatenablog.com

 

ブコメは賛同してる人が多い。そうなのか・・・・働くママって疲れるんだと思う。めっちゃしんどいと思う。それはわかる。自分の時間軸で動けないからな。ていうか東京って便利だけどこういう疎外感?孤独感?みたいなのすごそう。

 

こういう働くママの記事って職種大抵書いてなくてわかんないけど、すっごい恵まれてると思いますよ。まず時短で復帰できてるとこが大きい。一年後にフルタイム復帰しかできないとか、パートにならざるを得ないとか、そもそも育休→復帰パターンが実質「退職→パート再雇用」パターンが多いのは地方中小にありがち。

 

多分だけど独身の同僚から冷たい目で見られたり、「自分で望んだ結果・自己責任」ってネットで言われたりするのは全国共通で嫌なおもいをしている人はたくさんいると思う。言いたい気持ちはわかるがそれは間違っていると思う。昔ほど誰もが結婚育児しなくなり「お互い様」が通じなくなってきているが、結婚しないのも自由だからね。自分で選択した結果なのに結婚した人を妬むのは違う。そんなこと言ってたら国制度から変えてもらう他なくなるし(結婚する方がいろいろ有利になっているよね)

 

子供が寝てから自分の時間ってパート+育児中の私の妹もそうだし。んで食事作らなくていいなんてこの上ないよね。本当妹も趣味という趣味はなくてスマホゲームしてるわ。子供いたらお店とかゆっくり買い物できない・・・と私に言う。

 

結婚できない仕事できない独身から見たら、何がいかんのかわからん。就職してまともに働いている人と結婚して20代で子供も産んで、理想的な女の人生歩んでるよ。正解不正解、勝ち組負け組はないけどさ?

だから独身と既婚者(育児中)の溝が埋まらないんだろうなあ。理解はできるけど悩みのベクトルが違うっていうか・・・・。

 

保育園問題に関しては無視できない。これは国の制度がおかしい。記事にあるように期限があるので未認可でいいじゃんと言い切れない。共働き夫婦が税金を多く納めているはずなのに公共福祉の恩恵を受けれないのは平等ではない。近くに頼れる肉親がいないと詰むような今の育児の制度ははっきり言ってワーキングマザーにとって生きづらい。東京に一極集中しすぎだというデッカイくくりの話になってしまうし・・・これに関しては「日本死ね」以降たくさんの人が提言していると思うしもっと考えるべきことである。

 

この記事で一番強く思った感想は、お酒好きの人って育児大変だろうなあとうこと。私はお酒あまり好きじゃないし飲み会とか嫌いだからわからないんだけど、インターネットで観察している限り、どうも飲むのが好きな人が妊娠・出産・育児で飲酒に制限がかかるのが大変つらいようだ。田舎だと子供に何かあった時タクシー移動の選択肢はないので夫婦両方飲酒する例は聞かない。身近に酒豪の女性がいないのでよくわからない。

 

確かに自分が酒飲みで、妊娠出産育児で1〜2年は我慢しなければならなくなった時に、旦那は制限しなくてよくて、飲んで帰ってきたらクソ腹立つと思う。

(喫煙に関しては漫画コウノドリで夫婦でしないと〜ってでてきたな)

 

具体的にイメージ(妄想)すると、旦那に預けで自分だけ飲みに行くとすると、旦那も飲酒する夜間だと非常に不安だ。落ち着いて飲みに行けるかな。じゃ、実親に預けるなら安心だ。安心だけどこれでいいんだろうかって多少の罪悪感が出そうだ。もちろん罪悪感は持たなくていいと思う。けど「周りが」「社会が」それを許さないんじゃないのって強迫観念めいたことを考えてしまいそう。どうもこの国は「母はこうあるべき」論が強すぎる。母だっておしゃれしていいし、エロいこと考えていいし、飲み会いってもいいと思う。子育てしてきてないおっさん世代が押し付けてるんならまだ無視できるが、子育て終了したおばさん世代も割と押し付けがましい(母乳育児とか・・・・)から、もうどうしたらいい?

 

偉そうに言ってるけど私こそ育児と家事の両立すら無理なだらけ人間なので働きながら育児はもっと無理だろうな。だからあまり結婚に意欲的でない。が、家族のために頑張るという気持ちを経験したくもある。