読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議な第三惑星

ここは不思議な第三惑星

よう

新年早々仕事はじめだった。やはり疲れて食後寝てしまうし、炊事以外の家事放置。弁当なんて絶対無理(料理全般の中で弁当作りってかなり難しいという考えがある)

はたらくということ、お金を稼ぐというのはたいへんなことだ。

20代の若い女性でも、遅くまで働いている子いるけど、信じられない。

前の会社が超ホワイトだったから、どんなとこで働こうとも前職場を超える好環境が存在するとは思っていない。てか、ない。

だから今回零細企業(もうブラックとかいう次元じゃない)とこで働くのが苦痛ですぐ逃げ出すのでは、とおもったが、一応求人票どおりの契約?なのか休みをきっちりくれているし定時にとっとと帰れる。

しかし大企業→零細への違いはやはり大きい。まず掃除やお茶汲みを自分がしないといけないこと!前の会社は清掃会社入ってたからなにもしなくてよかった。

次、パソコンがくそ古いしセキュリティやプライバシーやコンプライアンス厳守な雰囲気がないこと!シュレッダーがない!!裏紙使いまくりで混乱!!前の会社は裏紙の使用すっごい厳しかった。裏紙つかってメモ用紙にした場合もシュレッダーにかけないといけなかったし、それをちゃんとやってるかって調査も度々あった。

次、ネットワークは構築されてるんだろうけど一人一台パソコンが割り当てられてないしパソコン使わず紙で仕事してきてるから共有管理簿的なものが無い。担当者把握の仕方は「察する」のみ。なんと高いスキルの要求だこと・・・・!

まあブラックというか、忙し過ぎていろんなとこの管理や調整する人がいないってことだと思った。まあ来客があって帰れないとか、休日出勤とかそういう社員の身を削ったうえで会社成り立ってるからブラックちゃブラック。

でもそんな悪い職場でもない。まず若い人が自分しかいないから気楽。若い女は自分だけ。前の職場でも最初から最後まで一番若い女性という立場だったけど、またしても。ちょっとしたことでパソコン博士あつかい。そして度々皆外に出かけるのでおるすばんタイムがある!自由だぜ!

あと、建物や設備が綺麗。断熱材はいってんのかしらんが、部屋もあたたかい。汚い寒いオフィスでは働きたくないもんな・・・

やはり不安なのは、接客的部分。人をキレさせる才能に長けてる自分としてはすっごい不安。二日目さっそく電話できれられたし。御老害も客の一人で、自分のせいで逃したら嫌なもんだよ。キレられた理由は理不尽そのものだったけど!

あーあ 休みもらっといてなんだけど、土日休みってやだよなぁ 人がうようよしてるもん。

広告を非表示にする